発展するために、田舎は都市のペースに追いつく必要があります。 社会主義の新しい田園地帯の建設が議題にされており、ソーラー街路灯が地方の街路や路地に徐々に現れています。 地方の新エネルギー街路灯の理解は先進都市ほど深くないかもしれないので、人々は購入時に商人によって設計されたいくつかの詐欺に陥る可能性があります。 ここで、Juho Lightingが、発生する可能性のある詐欺の種類と、それらを解決するために実行する必要のある対策について説明します。

  1. 悪いビジネスマンはshoddyas良い製品を売る

ソーラー街路灯についてある程度の理解がない場合は、悪いビジネスマンにだまされる可能性があります。 街灯は新エネルギー製品ですが、新製品が出る限り、どうやって巨額の利益を上げるかを考えている黒人企業もいるでしょう。 彼らは製品の付属品の仕様を改ざんしたり、粗雑なソーラーパネルやリチウム電池などを提供したりして、誇張してそれらの粗雑な付属品に消費者を欺きます。

  1. インストールチームは専門家ではありません

先に述べたように、ソーラー街路灯の設置もスキルであり、気軽に操作することはできません。 専門家でない設置チームは、設置を完全に検討しません。障害物の下または周囲に街灯を設置して、パネルが太陽光を十分に吸収できない場合があります。 街灯間の距離が広すぎたり狭すぎたりすると、ソーラー街路灯の使用効果に影響します。 専門家ではないインストールチームに遭遇した場合、彼らは自分の利益にのみ焦点を合わせ、消費者をまったく気にしません。

詐欺に陥らないようにするためには、悪いビジネスマンにだまされないように、購入する前にソーラー街路灯の関連知識を大まかに理解する必要があります。 購入するときは、買い物をして、パフォーマンスが良く、比較的リーズナブルな価格の製品を選択する必要があります。欠陥のある製品を購入するためにお金をかけないでください。 もちろん、もっと重要なことは、信頼できるビジネスマンを選ぶことです。 深セン十宝照明技術株式会社は、業界で優れた製品を消費者に提供することをお約束します。お問い合わせを歓迎します。喜んでサービスを提供します。