ソーラー街路灯の設計をガイドする配光タイプ

IESNA(北米照明学会)さまざまな配光タイプを定義しています。 ランプは、定義されたタイプのXNUMXつに該当するように設計されており、照明デザイナーは、特定の領域の照明を選択するときにこのガイドラインを使用します。 ランプを誤って選択すると、他の人の所有物など、不要な領域にグレアや光が侵入する可能性があります。

配光タイプ-パターン

タイプI

type1-distribution

タイプ1の分布には、非常に狭く長い照明領域があります。 これは、通路や非常に狭い道路などの狭い領域を照らすためにランプを選択するときに役立ちます。 タイプ1の器具は通常、経路の中心に沿って配置されます。

タイプII

タイプ2の配布

タイプ2の分布は、より広い経路と狭い道路(単一車線)に使用されます。 タイプ2の器具は、わずかな前方への光の投光を提供できるため、通常、通路または車道の脇に配置されます。

タイプIII

タイプ3の配布

タイプ3ディストリビューションは、主に道路の照明に使用され、道路の脇に配置されます。 これらの器具を前方に投げると、光が外側に出て、複数車線の道路を照らします。

タイプIV

タイプ4の配布

タイプ4の配電は、駐車場や非常に広い道路を照らすために使用されます。 タイプ4の器具は、側面よりも前方に多くの光を放ちます。したがって、器具を互いに近づける必要があるため、長い道路の照明には実用的ではありません。 ウォールパックなどの壁に取り付けられた器具も、一般にタイプ4の配光を使用して、建物の外部玄関ドアの前に光を当てます。

タイプV /タイプVS

タイプ5の配布

タイプ5の器具は、器具の周りのすべての方向に同じ量の光を放ちます。 これは、照明器具が駐車場の周囲から離れて配置されている駐車場を照らすのに役立ちます。 タイプVの器具は円形パターンで光を提供しますが、タイプVSは器具の周りに正方形のパターンで光を提供します。 ただし、どちらも非常によく似た分布パターンを持っています。